佐渡に来て、初めて灯台の深い意味を知りました。 対岸柏崎の愛しい吾作に会いにいくために、灯台の灯りを希望の光にたらい舟をこぎ続けたお光の想い(佐渡情話)。雨の日も、嵐の日も、25年間365日休まずに灯台の灯を守り続けた『おいら岬の灯台守は~』で知られる『喜びも ...