佐渡旅(sadotabi)

~新潟県・佐渡の旅行情報ブログ~

カテゴリ:佐渡の史跡

佐渡ゆかりの日蓮聖人両津港から車で15分ほどの加茂歌代に、日蓮聖人像が建っています。その大きさに驚く銅像ですが、高さ13m(+台座13m)で総高26m。方角はお釈迦さまの生まれたインドを向いているのだとか。日蓮聖人(にちれんしょうにん) 佐渡観光協会HPより「立正安国 ...

広場名に使用目的が入っている・・・佐渡談笑広場。赤泊から畑野に向かう途中の道路脇にある広場。看板には、「夢を語り合いましょう。談笑広場」とあります。何故か七福神そして七福神の説明その奥には、世阿弥像世阿弥の通った道世阿弥(観世元清の別名で能楽者である)は ...

10月12日・13日と、お祭りで訪れた多田。“ただ” と読むのかと思いましたが “おおた” という地名です。海岸沿いにある 三助・お菊いこいの地で おおた という地名の由来(一説)を知りました。三助・お菊いこいの地佐渡国の始耕・稲作りを教えた三助・お菊の伝説は ...

佐渡は、史跡の宝庫である。 各地をドライブしていると様々な看板に出会う。ロシア水兵の墓という看板を見つけた。ロシア水兵の墓明治三七年(一九〇四)年に日露戦争が起こり、この頃、外海府の海岸にロシア水平二名の死体が打ち上げられた。村人たちは気味悪いし、遺体が ...

佐渡をドライブしていると、時折立派な銅像や、気になる石碑を目にする。先日真野から赤泊へ向かう途中、徳和という地域で見つけたのがこちら、戦道騎馬武者の像。 実物大位の大きさか、かなり大きい像である。地域の人だろうか、周辺をキレイに掃き清め、掃除していた。・ ...

山本修巳著「かくれた佐渡の史跡」(新潟日報事業社)を手に、佐渡の史跡めぐり。熊野神社の近くに建つ、「お花やしきの碑」。順徳院が御心を寄せていたという伝説が残る、美しい娘お花が住んでいた屋敷跡をいうのだそうです。また、この周辺には お花が順徳院を慕ったこと ...

↑このページのトップヘ