佐渡旅(sadotabi)

~新潟県・佐渡の旅行情報ブログ~

カテゴリ:佐渡の伝統・文化・芸能

赤玉杉池まつりが6月4日に開催されます。鬼舞から始まり、鹿踊り、鮮やかな衣装を身に纏った子どもたちの花笠踊りが奉納されます。おにぎりや大鍋汁などの販売が行われますのでお昼ご飯に地域のお母さんたちが作ったおにぎりをほおばるのもよさそうです。赤玉杉池まつり開催 ...

佐渡最古の能舞台、大膳神社で薪能と鷺流狂言が奉納されます。大膳神社薪能 鷺流狂言開催日:2017年6月4日時間:19:00開催場所:大膳神社能舞台所在地:新潟県佐渡市竹田562-1お問合せ:(一社)佐渡観光協会電話:0259-27-5000料金:無料詳細:さど観光ナビこちらの動画の ...

毎週のように島内あちらこちらの能舞台にて薪能などが開催される6月は、能月間と呼ばれています。昨年おとずれた世阿弥讃仰正法寺 ろうそく能。昨年度の様子は、佐渡旅過去記事 【世阿弥】年に一度のろうそく能と花供会、茶席。ときわ館世阿弥膳・特別公開神事面べしみほか ...

4月15日。佐渡では各集落でお祭りが開催されました。*佐渡日和 鬼太鼓カレンダー地域の人にご案内していただき、お祭り巡りという贅沢な休日を過ごすことができました。「昔は、石花(いしげ)のおまつりにいくと、顔に油性ペンで落書きをされたのよ・・・。」そんなお話を ...

各地でお祭りが行われていた4月15日。どこを回ろうか、悩んでいたところ「小田の麦まきという芸能が面白いですよ。」とおすすめ頂き、小田にむかうことにしました。満開の桜の下、地域の人たちに見守られて祭りが始まりました。ササラ四つ切の舞 黒紋付に刀は、戸地の白刃を ...

鶴女房や安寿と厨子王など広く知られる物語を含め、1200以上もの民話が残されているという佐渡。道路脇の標識にも“民話のふるさと”とある赤泊地区のおかあちゃん達による語り部が4月14日(金)~11月13日(月)の金・土・日・月曜日に、佐渡の歴史伝説館にて上演されるそう ...

『4月に佐渡に行くのであれば、15日周辺がいいですよ。島内の至る所で鬼太鼓にであるかもしれません。』その季節、季節の旅が楽しい佐渡。 せっかく行くのであれば地域の伝統や文化、佐渡の人たちのアツい想いを感じる鬼太鼓を見に旅してみてはいかがでしょうか。春一番のお ...

世阿弥が逗留した正法寺で幽玄なろうそくの明かりで執り行われる『ろうそく能』。昨年の写真でイメージをお伝えします。開場は18時ですが、お茶席があったために少し早目に到着。この日の演目である鵜飼をイメージさせるような食べる時に水にくぐらせる佐渡の和菓子沢根だん ...

真野から羽茂へ向かう途中、ふと気になった六地蔵の看板に誘われ、椿尾へ。六地蔵には出会いませんでしたが氣比神社の能舞台に出会えました。椿尾の神社に、椿が花を添えます。佐渡にはもうすぐ、能の季節がやってきます。椿尾氣比神社能舞台(案内看板より抜粋)佐渡市指定 ...

少しずつ少しずつ、春の訪れを感じるようになりました。これから、佐渡はひなまつり(相川・小木・両津など)のシーズンが訪れます。そして、ひと月ほど経つと今度は鬼太鼓の季節を迎えます。昨日、佐渡に戻ってきました。久しぶりの佐渡です。佐渡汽船両津港ターミナルに降 ...

能の島佐渡が、能の季節(6月)を迎えるひと足先に、大膳神社例大祭の奉納能が執り行われます。この奉納能から、佐渡の能の季節が始まるようです。2014年4月18日の大膳神社での1枚。月日の経つのがあっという間すぎてびっくりします。佐渡観光協会HP さど観光ナビより抜粋品 ...

両津の椎崎諏訪神社の能舞台で行われる天領佐渡両津薪能のスケジュールが決まりました。こちらは、とある晴れた冬の椎崎諏訪神社と能舞台。天領両津佐渡 薪能椎崎諏訪神社能舞台日時:2017年5月6日・6月3日・7月1日・9月9日・10月7日開演時間:19時30分~会場:佐渡市原黒  ...

2017年度の佐渡の薪能スケジュールが確定いたしました。問合せ:一般社団法人 佐渡観光協会 さど観光ナビ電話:0259-27-5000 。:*:★。:*:★━━━━━━ 各種問い合わせ先 ━━━━━━★:*:。★:*:。 【佐渡について】■佐渡観光協会(両津港ターミナル駅内) TEL 0 ...

鬼太鼓や佐渡の伝統芸能の特別展示、“鬼太鼓と風流(ふりゅう)-鬼太鼓の世界展-”が両津港から徒歩5分のあいぽーとで開催されます。2階展示室での特別展は2017年3月31日までの9時~17時。芸能の実演と佐渡芸能伝承機構による特別解説会もこのあと3回予定しています。佐渡 ...

日本に現存する能舞台の約1/3が佐渡にあるのだそうです。能楽師であった佐渡奉行の大久保長安の影響で、佐渡には能が広がったと伝えられています。また、世阿弥が晩年佐渡に配流されたことも大きく影響されているのではないでしょうか。そんな能の島、佐渡で能にふれる貴 ...

年訪れて感動した佐渡の戸地という僅か60数戸の集落で行われる祭り。昨年の写真を用いながら思い出してみたいと思います。■【伝統芸能・神事】神道士俗白刃 戸地祭りが10月19日に行われました。(佐渡旅過去記事)この祭りでは、獅子・御太鼓・翁による豆まきと、白刃(し ...

先日ご紹介した佐渡の郷土伝統芸能、のろま人形。 現在佐渡では、3つの座があり、この夏 新穂歴史民俗資料館にて上映されました。とお伝えしておりました。ただ、次の公演がいつどこで行われるということはわかっておりませんでした。先ほど、佐渡のHP(さど観光ナビ)を ...

佐渡に伝わる伝統芸能のひとつ、のろま人形。かつて、説教人形の間に行われており 3人の男性と1人の女性、4体の人形と4人の人形遣いによる幕間狂言のひとつ。のろま人形という名前も特徴的ですが、人形遣いの野呂松勘兵衛の名をとって のろま人形と言われているのだとも伝 ...

毎年10月15日に奉納される、熊野神社例大祭での鬼太鼓。夜中の24時から始まり、1軒1軒を門付けして回り、宮に戻るのは24時頃なのだとか。鬼に選ばれるのは大変名誉なことで、集落のみなさんの家内安全・五穀豊穣を祈りながら太鼓を打ちます。全国的に恐れられている鬼とは違 ...

『これは、絶対に行ったほうが良い。』佐渡歴2年の友人は、既に4回行ってます・・・。 残念ながら私はまだ1度しか行けていませんが、今シーズンの開催日が発表されましたので行く気満々でスケジュールを確認中。負け犬の遠吠え で人気のエッセイスト、酒井順子さんも雑誌や ...

羽茂大市や、大崎ソバの会で見せていただいた文弥人形。 外海府の関では、文弥人形の館 の建物やステージを見せていただきました。いつか、関栄座の舞台も拝見したいと思っています。伝統芸能が地域に根付き、盛んに行われている佐渡では、珍しい『女性たちによる』芸能も ...

旅と本はつきもので。電車旅でも船旅でも、移動の最中や宿泊施設、なかには温泉に入りながら本をゆっくり読む人もいるのだとか。上越新幹線に乗るときに、目の前のラックに差してあるトランヴェールが気になるのです。今月号の特集は、『妖怪、新潟に現る』。作家・博物学研 ...

5月に佐渡 相川で行われた唄と太鼓の二人行脚で拝見した藤本容子さんのコンサートが、10月に佐渡で二夜開催されます。藤本容子コンサート ~夢路より~佐渡の楽の音に 運ばれ 織りなす うた世界 第2段限りない愛と慰め、そして情熱は、星となり歌となって私たちの魂を ...

佐渡には約120の集落で鬼太鼓が継承されており、各集落ごとに少しずつ異なります。大きくは、前浜系・国仲系・豆まき系・一足系・花笠系と5つの系統に分かれるのだそうで、莚場のまつりは、前浜系。 2匹の鬼と集落の子どもたち、ロウソという先導役などがいて家々を回る門 ...

佐渡には各地に数多くの民謡が継承されています。~過去・現在、そして未来へ~ 佐渡の民謡をうたい継ぐためのイベントが開催されます。佐渡の民謡といってすぐに思い浮かべるのは、佐渡おけさ。旅館やホテルでショーや体験をされた方もいらっしゃるかと思います。文化多様 ...

↑このページのトップヘ