佐渡旅(sadotabi)

~新潟県・佐渡の旅行情報ブログ~

カテゴリ:佐渡の食材・郷土料理

海が見える稲鯨の海岸線沿いに建つ、徳平。かけそば・もりそば・天ざるそばなど定番メニューから、気になる天かけセットまで。毎週 金・土曜日は居酒屋徳平 営業中PM6:00~11:00居酒屋部 お品書きも気になります。お料理を待つ間、店内を見まわしてみると、洋服や小物が ...

佐渡から楽しそうな美味しそうなべーべキューの写真がFacebookに続々UPされていました。羨まし~!と思っていたら、この夏(8月)沢根漁港において「さわねフィッシャーマンズBBQ」を開催するのだとか。 この夏の佐渡旅、ランチのひとつにこのバーベキューを検討してもよい ...

七夕の夜・・・久しぶりに七夕に星を見ることができました。でもその星がかすんでしまうくらい、妖艶で美しい月が空と波間を照らしていました。翌朝、「この黄色いさくらんぼ、絶品だから。ねっ♪ 食べてみて。」と渡されたのが、このさくらんぼ。月山錦。まさしく昨夜の月 ...

佐渡旅でも、何度かご紹介しているフルーツ王国佐渡が誇る、フランス原産の黒いちじく。完熟するまで収穫せず、皮が薄く傷つきやすいことから島外流通がごくわずかで、知る人ぞ知る幻の果物でした。本日7月1日より期間限定・数量限定・販売場所限定でこの幻の黒ダイヤ、佐渡 ...

 昨年7月に佐渡にて開催された第22回全国棚田(千枚田)サミットを思い出す、美しい動画がYouTubeにUPされました。佐渡は世界農業遺産(GIAHS)に能登と並び日本で初めて登録され、現在生物多様性保存型農業を行っています。日頃、上空から見ることのない夕鶴の里、北片辺の ...

佐渡の美味しい食材を求めて、佐渡を旅しています。今回ご紹介するのは、佐渡産番茶。番茶という名前ですが、お茶の種類でいうとほうじ茶です。煮だしたほうが美味しいでしょうが、煮出し用の袋がなくて急須での一杯。ほうじ茶の香りには癒し成分があるとかで、茶香炉で香り ...

この日の宿は、音楽と陶芸の宿 花の木。左の山からちょこんと顔を出しているのは、幸福地蔵(しあわせじぞう)。17時過ぎにチェックイン。夕食をお願いした18時30分頃のお庭。 雰囲気あります。古民家ならではの天井の高さ、開放感。お刺身(ふたり盛)今年は不漁だったた ...

以前、雑誌の佐渡特集で五島牛乳を見たことがありました。『え? なんで長崎の牛乳が佐渡にあるの?』勘違いでした。 佐渡の真野で作っているという五島牛乳。絶景と手作りパンで人気の『しまふうみ』で味わうことができます。五島牛乳150円。海やガーデンを眺めながら、で ...

昨年、佐渡に新しいラーメン屋さんが出来ました。そちらも行ってみたいところではあるのですが、その前にずっと気になっていた『亀の手ラーメン』が観光客に人気の出世街道へ行ってまいりました。旅行雑誌にはほぼ掲載される亀の手ラーメンですが、それ以外にもこだわりラー ...

クリスマスに届いた、佐渡高千 弾正明良さんの寒ブリ。お礼とご挨拶を兼ねて、高千漁港(高千漁協)を訪ねてみました。ナイスタイミング♪ 水揚げ作業の真っ最中。今、何が獲れているんですか?『 これは、真鱈。 海老や蟹もあがってるさ。』と弾正さん。ハタハタハチメ ...

昨年の今日撮影した写真を整理していたら…齊藤農園で苺がりをしていた時の写真がいっぱい出てきました。『 そうそう、この日は苺の摘み取りやったんだっけ。 』っと思い出しながら、Facebookにて今年の齊藤農園さんのいちご狩り情報を確認したところ、2月18日(土)から今 ...

最近、どこにいくにも持ち歩いている、佐渡海洋深層水。飲むのは軟水、だって硬水は美味しくないんだもん(昔、ダイエットのために薬だと思い込んで飲んでいた)と思っていた硬水嫌いの私を変えた、飲んでも美味しい佐渡海洋深層水 中硬水300。飲むだけではなく様々な用途に ...

その土地にいったら、その土地の旬のものをたくさん食べたい。佐渡 佐和田の on the 美一にはクッキングスペースもあり、こちらに宿泊の際に牡蠣ガンガン焼きを購入し、調理してみました。■ガンガン焼きを作るまでの様子は昨年のブログ【ネットでお買い物】沢根漁港の牡蠣 ...

フルーツ王国佐渡の絶対王者は、もちろん柿。その柿果汁を100%使用した(は)おけさ柿パーシモンビネガーが島内お土産店などでも販売されています。小木家で1本540円程で購入しました。佐渡海府寒ぶり祭りで購入してきた浜ちゃんの食卓便、濱田さんの岩もずくと一緒に食べて ...

メリークリスマス♪クリスマスプレゼント&お歳暮が、佐渡から届きました。佐渡市食材カレンダーによるとブリが収穫されるのは10月~4月だそうですが、寒ブリ漁のピークは12月~1月と言われています。先日新潟県内のテレビで特集が組まれており、それによると新潟県の規定で ...

先日、リクルートのまとめサイト ギャザリーに【新潟★佐渡島】寒ブリ・本ずわい蟹・牡蠣。冬に佐渡へ行きたい10の理由という記事を書きました。荒波を超えてでも美味しいものが食べたい!冬の佐渡には心揺さぶる“旨いっ”がたくさんあります。本日ご紹介するのは、牡蠣。 ...

先日お伝えした寒ブリに続き、佐渡の冬を代表する海(湖)の幸、牡蠣のシーズンがやってまいりました。写真提供:OM映像プロダクション 佐渡情報・さどダス例年より、少し早いのでしょうか。美味しい佐渡の牡蠣は、佐渡島内のスーパーでお買い求めください。また、佐渡島内 ...

秋の味覚といえば、佐渡産コシヒカリや果物など里山の恵みが中心でしたが、冬はこれ! 海の幸。もう、絶対王者です。冬の佐渡の味覚。 寒ブリ・蟹・牡蠣などなど・・・。さど観光ナビのトップページにも 佐渡沖がもたらす冬の味覚ツートップとして寒ブリとズワイガ二が特 ...

いつの季節に訪れても、旬を驚きを味わえる、Ryokan浦島 のレストラン ラ・プラージュのランチ。前菜2 (この前にも前菜1品ありました)秋刀魚のミルフィーユ仕立て。秋刀魚とパイ生地に挟まれているのは、2種類(トマト・なす)の野菜のムース。ハーフコースは、肉また ...

果物(フルーツ)王国 佐渡ですが、もぎ取り体験をできる施設は少ないようです。なぐもが知るいちご狩りができる場所は2か所。いちご狩り → 齋藤農園(冬~春)・サンライズ城が浜(春~初夏)。今回ご紹介するのは、ぶどうの摘み取りができる小松農園。 こちらは食べ放 ...

佐渡に通うようになってから驚いたことのひとつに、『リンゴもみかんも梨もさくらんぼも、桃も葡萄もルレクチェもキウイもレモンもメロンもすいかも・・・・なんでも採れる佐渡は隠れたフルーツ王国である!』というものがあります。その中でも特に驚いた果物がこちら、黒い ...

佐渡の春を彩るのは、桜・カタクリ・サンカヨウやシラネアオイなどの高山植物など美しい花々があげられますが、海の中にも佐渡の春を代表するものがあります。その一つが、海藻。 本日ご紹介するのは、わかめです。 佐渡の旅館で食べる朝ごはん、にいがた朝ごはんプロジェク ...

ろうそく能のパンフレットに掲載されていた 世阿弥膳を味わいに、佐渡市泉のときわ館へ。今では珍しい朱塗の御膳で佐渡の御馳走がいただけるのも嬉しいです。一の膳、二の膳で構成されており、焼き魚・にしめ・酢の物・香の物・山菜料理が盛られています。ときわ館では、で ...

小木・羽茂地域の名物である、たいごろを頂きました。鯛がとれるころに作るお菓子だから・・・という理由でたいごろと名前がついたとも言われている、旧暦6月5日(男の子の節句)に作られるお菓子。新潟では、笹に包まれた笹団子やちまきが多いですが、かやの葉に包まれた餅 ...

大好きな『いごねり』を作ってみたいと、先日の佐渡旅で購入してきた“いご草”。郷土料理の場合、作り方がクックパッド等に載っていないので『さどごはん(佐渡の郷土料理レシピ集)』が大活躍。まずは、材料を確認。≪赤玉地域のつくり方≫ 材料4人分■イゴ草(乾燥したも ...

↑このページのトップヘ