佐渡旅(sadotabi)

~新潟県・佐渡の旅行情報ブログ~

カテゴリ:佐渡の景観・観光

新潟県内ではいち早く、中学生によるボランティアガイドがはじめられた小木・宿根木は国の重要伝統的建造物群保存地区。佐渡旅でも幾度かご紹介しております。佐渡市のHPを確認すると2007年にボランティアガイドの情報がありましたがそれより以前、2004年から佐渡市立小木中 ...

月が妖しく、美しい夜でした。もっと空に近づきたい。星と月を感じたい。そんな夜でした。相川のT字路で山(右)に行くか、海(左)に行くか一瞬悩み、ハンドルを左に切りました。向かったのは、長手岬。その月は、ゆらゆら ゆらゆら波間を金色に染めていました。月が映る揺 ...

佐渡は米づくりが盛んです。新潟県では、魚沼に並ぶ米どころとして知られています。佐渡市では農薬を減らしたりビオトープを作ったりといった朱鷺の餌場確保と生物多様性の米作り、品質を管理し認証する制度を立ち上げ、「朱鷺と暮らす郷」米が佐渡で作られています。朱鷺と ...

畑野の猿八地域では、伝統芸能である能や狂言と、サックスや光などを融合した新しい形の芸能が生まれています。今年で4回目を迎える猿八 越敷神社共同舞台、今年は7月30日(日)に開催されるそう。開催日:2017年7月30日(日) 18:30開場 19:00開演会場:越敷神社(佐渡 ...

3月下旬に行ったばかりだというのに、また宿根木を訪れていました。その時に、いや、それ以前も何度か訪問したいと願いながら今までできなかったこと・・・公開民家の見学を叶えるために。今回の佐渡旅では、清九郎・三角家・金子屋を回りました。三角家の外観を取り損ねてし ...

北前船による財の集積地として佐渡の富の1/3がこの地にあると言わしめたほど、一時代を築いた小木・宿根木。密集した集落には、廻船によって栄えた家屋が今でも残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。その一部は公開民家としてガイドさんの講話をきき ...

昨日に引き続き、佐渡の紫陽花寺と言われる蓮華峰寺の開花状況です。約1週間前より階段を下りたあたりは少し進んだようです。花を見て、「 何分咲きだね。」と言えるようになりません。あえてチャレンジするならば・・・昨年の満開の状況を想い出すと、まだ1~2分咲なので ...

バラ(三太郎農園・羽茂春風バラロード)見どころ紹介の後は、6月下旬~7月の定番、紫陽花です。別名あじさい寺と言われる小比叡の蓮華峰寺は、弘法大師が開山したといわれる古刹です。訪れたのは先週金曜日、6月15日ですから日に日に満開に近づいているかと思います。人知れ ...

山野草、カンゾウのあと 花の島佐渡には紫陽花が咲くのかと思っておりました。が、佐渡のみなさんのFacebookや各ブログでは紫陽花の前に “バラ” 情報が咲き乱れています。さかや農園、羽茂のバラロード、それから三太郎農園。さかや農園については 佐渡旅過去記事、羽 ...

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記憶を追いかけて、佐渡を訪れてみたい。記憶を重ねながら、美しいと感じた景色を切り取ってみる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・車で通っていただけでは気づかない風景があります。バイク ...

佐渡相川の商店街にある共同駐車場の上に鎮座している塩竃神社。気になってはいたのですが、先日の佐渡旅で初めて訪れてみました。表記が、年代によって異なるのか鹽竃・塩竃と表記が各種あります。塩竃神社左右一対の炭のような木には、何か意味があるのでしょうか。塩を釜 ...

旅先でお天気が崩れると、「あ~あ・・・(残念)」というため息の混じった声が聞こえてきます。空や海を染めるような夕陽には出会えないかもしれませんが、雨だからこそ行きたい場所もあります。それは、緑が多い場所。 空からのうるおいを得た木々は青々としてとても美し ...

佐渡旅、1100記事も超えてくると何度も登場している風景やお店がどんどん増えてきます。好きなお店や場所には通ってしまいますし。「もうそろそろ、新ネタも尽きたか!?」 と思っていた方。まだまだですよ。今日は、佐渡旅初出しの『ひな鷲地蔵』のご紹介。佐渡の方『 な ...

古い町並みかと思うと、ふとしたところに洒落た洋館が出現するなど、意外性もあり街歩きが楽しい佐渡。車で通りすぎると実感として気づかないこともあるけれど、佐渡相川には坂道が多いのです。旧税務署 1970年ころまで税務を取り扱っていたと市のHPに書かれていますが、そ ...

大野亀のカンゾウ、小田や藻浦崎の岩ユリと美しい花が続きました。本日は男前でめっちゃカッコいい近代産業遺産、佐渡旅ではおなじみの大間港のご紹介です。この日は、晴れたり曇ったりが非常にせわしない一日でしたが、一瞬の晴れ間を逃さず大間港を訪れました。そして、そ ...

美しい岩百合に会いたくて昨年は6月上旬の夕方に訪れた、小田。大野亀のカンゾウ・藻浦崎の岩ユリをみにいったのなら、ぜひこちらも。今年はまだ少し早かったのですが、日中に時間ができたので足を運んでみました(5月29日)。まだ、全体的につぼみが多いようです。左奥のカ ...

大野亀(カンゾウ)・藻浦崎(岩ユリ)と続き、意外な場所でも楽しめる岩ユリのご紹介。この眼鏡橋のような遊歩道が撮影のメインになるかと思っておりましたが、岩肌に力強く岩ゆりが咲いていました。撮影日は5月28日でしたが、まだ蕾が多かったためもう少し楽しめそうです。 ...

昨日、大野亀のカンゾウが見ごろですとお伝えしましたが、岩ユリも見ごろです。 海岸線の岩にひっそりと咲く岩ユリが好きですが、藻浦崎の岩ユリも見事です。岩百合・岩ゆり・岩ユリ。どれがイメージに近いでしょうか。少し考えてユリにしてみました。厚い雲が陽の光を遮る ...

例年6月が最盛期といわれる佐渡のカンゾウ。昨年は雪解けも早く、あたたかな日々が続き5月中旬に初夏の風物詩であるカンゾウが満開を迎えました。今年の佐渡旅でもカンゾウの開花状況に関する検索を多くいただくようになりました。汗ばむような初夏の陽気です。七~八分咲と ...

世界遺産登録を目指す佐渡金銀山の近代産業遺産群の構成施設のひとつでもある、北沢浮遊選鉱場が大好きです。毎回写真を撮ってはフェイスブックにアップするので私の周りの人には、「また行くの?」と半分呆れられているようですが、相川に行くなら必ず訪れる場所のひとつ。 ...

佐渡金山に行ったなら周辺も散策してみましょう。駐車場の先には、近代産業遺産の大立竪坑が新緑の中に存在感を示しています。佐渡市の文化財HPより抜粋 国指定重要文化財明治10年(1877)に完成した大立竪坑に関係する施設で、濁川右岸の斜面中腹に立地する鉄骨造の櫓です ...

登山道ではなく遊歩道があり思ったよりも気軽に入れるのに、その姿に圧倒される大佐渡石名天然杉。雪が降る地域なので冬季は閉鎖となりますが雪解けと共にオープンの声をきくようになります。昨年度は小雪のため、5月14日(土)にオープンでしたが今年度は本日5月26日(金) ...

先日、白雲台に千竜桜を見に行ってきました。本日ご紹介するのは、白雲台に行くときに通る大佐渡ドライブインではなくドンデン山行きのコース。トレッキングの名所として知られ、ドンデンライナーなどのバスも運行しているため佐渡島内での車の利用がなくても楽しめるトレッ ...

千竜桜を見に、大佐渡スカイラインにのぼったならばもう一か所、行っておきたいところがあります。それがこちら、乙和池。昭和38年に県指定天然記念物にも指定されています。にいがた観光ナビによると、その面積は400㎡、標高560m。池の中央には日本最大級の高原湿原性浮島 ...

塩づくりや極上塩むすび体験やブリカツ丼、ジオパークでもご案内している佐渡七浦海岸の『めおと岩』。イザナギ・イザナミの国うみ伝説も残る縁結びの地にある大きなふたつの岩。遠近法で右のほうが大きく見えますが実際には右が夫(22.6m)、左が妻(23.1m)と左(妻)のほ ...

↑このページのトップヘ