芸術の島佐渡には、無名異焼 人間国宝 伊藤赤水先生、朱鷺モチーフの作品を多く作られる池田脩二先生、竹を使った芸術作品をつくる本間工芸の本間秀昭先生など多くの方が芸術的作品を作っていらっしゃいます。

また、佐渡独自の伝統ではありませんが、独自の作品づくりに取り組む方も増えています。
佐渡は、インスピレーションの湧くモノづくりの島のようです。

佐渡旅では、佐渡で造られた素敵な商品を、Made  in Sado として紹介していこうと思います。


本日ご紹介するのは、佐渡にガラス工房を構え、パート・ド・ヴェールという製法でオブジェや器を作るガラス作家の戸田かおり さん。

ガラス製法としては、宙吹きや切子、サンドブラスト位しか知りませんでしたが、戸田さんが取り入れているパート・ド・ヴェールという製法古くはメソポタミアの頃より伝わるという技法なのだそうです。

工房を見せていただきました。

佐渡戸田かおりさんガラス工房

素材は、ガラス。

佐渡戸田かおりさんガラス工房8

ガラスを鋳造するという意味が最初わかりにくかったのですが、実際に物を見せていただいて理解しました。

粘土や蝋などを原型に型をつくり、ガラスの粉を詰めてそのまま窯の中でガラスを溶かし、ゆっくりと冷ました後、型から取り出して研磨をして仕上げとなります。 この型は1つの作品を作り上げるときに壊してしまうのだそう。
佐渡戸田かおりさんガラス工房12


材料は、粉砕したガラス。

サイズの違うガラスがいくつもありました。

このサイズの違いにより、大小さまざまな気泡ができ、その泡数によって透明度の調整を行うことができるのだそう。

色付けは、色のガラスの粉。

佐渡戸田かおりさんガラス工房7

ガラスを焼く窯は、戸田さんの手作り。
佐渡戸田かおりさんガラス工房9

工房に貼られていたポストカード
佐渡戸田かおりさんガラス工房11

「わすれものさがし」 という文字を見たときに、佐渡國小木民俗博物館の教室を訪れたときのことを、ふと思い出しました。余談ですが。


工房を見学後、作品が展示販売されているところを見せていただきました。

佐渡戸田かおりさんガラス工房10

佐渡戸田かおりさんガラス工房5

佐渡戸田かおりさんガラス工房3

佐渡戸田かおりさんガラス工房2

佐渡戸田かおりさんガラス工房1

佐渡戸田かおりさんガラス工房4

2014年の作品、「落花生」がぽてっと可愛らしくて青色のものを購入しました(1900円)。

佐渡戸田かおりさんガラス工房6

ディスプレイを思い出して、こんな風に使ってみました。↓ 

591e984e62e5bb00e6c5cf42840ac742

小さなアクセサリー入れにも良さそうです。


戸田かおり ガラス工房

電話・FAX 0259‐55‐4484

。:*:★。:*:★━━━━━━ 各種問い合わせ先 ━━━━━━★:*:。★:*:。

【佐渡について】
佐渡観光協会(両津港ターミナル駅内) TEL 0259-27-5000 
佐渡汽船(総合案内・新潟) TEL 025-245-1234 
新潟交通佐渡 TEL 0259-57-2121
(佐渡での路線バス・定期観光バス・観光タクシー)

【佐渡に行くまで】
JR東日本 JR東日本お問合せセンター TEL 050-2016-1600
新潟交通 問い合わせ先
 ・高速バス予約センター TEL 025-241-9000
 ・バスセンター案内所 TEL 025-246-6333

【佐渡の宿を予約する】 
じゃらんnet 【佐渡の宿を人気順に表示】
るるぶトラベル【佐渡の宿】
Yahoo!トラベル【佐渡の宿】
JTB【佐渡の宿】
日本旅行【佐渡の宿】
佐渡汽船【浪漫紀行】