2015年10月19日(月)、佐渡の戸地という僅か60数戸の集落で行われた素晴らしい祭りに参加させていただきました。

ブログ佐渡旅では、これから佐渡を旅行される方のための情報発信がメインのため、『行ってきました報告』はあまり行っていませんが、今回のお祭りにはすっかり心を奪われてしまい拙い写真ですが少しでも佐渡の魅力をお伝えできればと・・・。
来年も、お祭りにあわせて戸地を訪れてみようと思います。みなさまも、来年お出かけいただければ幸いです。


この祭りでは、獅子・御太鼓・翁による豆まきと、白刃(しらは)という武術が各家を周り披露されています。
戸地白刃0

白刃は、佐渡市の無形民俗文化財にも指定されており、半棒、小薙刀、大薙刀、陣鎌、大棒の組太刀からなる佐渡唯一の古武道として保存されています。

一年ほど前に、美しい戸地川のことを調べようとした際に、戸地集落のホームページにて白刃をしったのが、今回お祭りに参加させていただきたいと強く願ったきっかけでした。

白刃保存会 会長の高村さんによると その昔集落の『千仏堂』ご住職の大光坊の武術を土地の有志に教えたのが始まりと言われており、天保年間(1830年~1844年)のころに神社の祭行事に加えたものだそうで歴史あるお祭りとなっています。

白刃についての詳細はこちらのホームページをご覧ください。
戸地集落白刃保存会


私が参加したのは19日でしたが、前日の宵宮では熊野神社にて五穀豊穣の神事があり、祝詞・巫女舞・恵比寿舞・大黒舞等を神にささげたようです。

祭り本番、保存会のメンバーは集落をまわり、1軒1軒の玄関前で武術を披露します。
鬼太鼓もそうですが、佐渡では『門付け』といって、集落のお祭りではそれぞれの家を周り伝統芸能・武術を披露します。

戸地白刃1

終了後には、各家で用意したお料理で『おもてなし』をします。
演武の間、玄関であたたかく見守っていた家の人たちが、一生懸命に用意してくれたご馳走です。

緊張感走る演武の前後に、集落の人々の温かな笑顔があります。

戸地白刃4

そして、また別のお宅の前で。

刃のぶつかりあう音、真剣な眼差し。観客も緊張感に包まれる時間です。
戸地白刃3

こちらは、ベテランの演武。
手にするものが薙刀や鎌から太刀へ次々変わり、呼吸を整えながら精神統一をする姿にこちらは呼吸を忘れてただただ見入ってしまいました。
戸地白刃

各家で用意されるご馳走の数々。

戸地白刃おもてなし

ご馳走をいただきながら、家主の方とお話しをするのも楽しい時間でした。
アブラメを煮付けた戸地集落でよく作られるという魚料理をいただきました。
戸地白刃おもてなし1

帰り際に、『また、来てくれっちゃ』といってもらった一言が嬉しかったです。

戸地集落
新潟県佐渡市戸地



。:*:★。:*:★━━━━━━ 各種問い合わせ先 ━━━━━━★:*:。★:*:。

【佐渡について】
佐渡観光協会(両津港ターミナル駅内) TEL 0259-27-5000 
佐渡汽船(総合案内・新潟) TEL 025-245-1234 
新潟交通佐渡 TEL 0259-57-2121
(佐渡での路線バス・定期観光バス・観光タクシー)

【佐渡に行くまで】
JR東日本 JR東日本お問合せセンター TEL 050-2016-1600
新潟交通 問い合わせ先
 ・高速バス予約センター TEL 025-241-9000
 ・バスセンター案内所 TEL 025-246-6333

【佐渡の宿を予約する】 
じゃらんnet 【佐渡の宿を人気順に表示】
るるぶトラベル【佐渡の宿】
Yahoo!トラベル【佐渡の宿】
JTB【佐渡の宿】
日本旅行【佐渡の宿】
佐渡汽船【浪漫紀行】