佐渡旅(sadotabi)

~新潟県・佐渡の旅行情報ブログ~

2018年04月

佐渡に新しくできた癒しの空間、octo。その眺めの良さと天然酵母の美味しいパンで人気のしまふうみの敷地内にあります。左がocto  階段を下りていくと、しまふうみがあります。この価格は、かなり破格です。本当はゆっくりのんびり癒されたいヘッドマッサージですが、旅の途 ...

4月15日を中心に、佐渡では各集落でお祭りが行われます。今年は15日が日曜日だったこともあり、多くの集落での祭りやイベントが重なり、大変な賑わいとなりました。お昼頃に練り上げが行われるということで、徳和神社へ行ってきました。離れたところから撮影しようとしていた ...

両津で朝を迎えた時に、行きたくなる場所があります。mikawa。旅館で和食をいただくのも好きですが、連泊した朝はちょっぴり軽いモーニングもいいかな、と思うのです。そして、朝の定番はホットサンドまたはサンドイッチに珈琲をつけたもの 500円珈琲の香りを受けたら、ちょ ...

真野湾に面する緩やかなカーブの海側に、いけすのある活魚料理店があります。観光客にも人気のお店ながら、実はブログ佐渡旅初登場。もう10回程、足を運んでいたのですが毎回貸切か満席で入れず。まあ、予約をすれば良かったのでしょうけれど。店内。入ってすぐに目に入るの ...

桜めぐりが楽しい今回の佐渡旅。佐渡の桜名所は、数や種類の多さではなく1本の個性的な桜が名物となっているところが多いのですが、数も多く見ごたえある桜並木も見てみたくなり佐渡金山のライトアップを目指して車を走らせました。時間は21時25分を過ぎていました。もう、無 ...

今年の春は暖かかったのか、各地で『例年より数週間早い開花が・・・』というニュースを耳にしました。寒がりの私としては、三寒四温・・・。寒さのほうが記憶に残りあまり温かさを感じた日が多くなかったように記憶しているのですが、みなさまいかがでしょうか。さて。花の ...

春を求めて、桜めぐり。内海府のさっちゃん桜を見に行こう!と思い立ち、海府ドライブ。いつもは海岸絶景に心を奪われてしまい、そこに咲いている木が何の木なのか、あまり気にも留めていませんが、この時期だけは『ぼく(わたし)、桜だよ』という圧倒的存在感を示してくれ ...

告白の時のトキめきを感じさせることからつけられたという“恋心”という名を持つチューリップ。風に揺られています。新潟県の花はチューリップ。よく間違われる椿は、新潟県の木に属します。そして県の草花は雪割草。すべて佐渡で見かけることが出来ます。新潟県は、チュー ...

さんざ…ん、夕食を食べた後ですが、両津に去年オープンしたSUN the BAR(さんざ ばる)に行ってきました。ワイン1杯でお暇しましょう。なんて、言いながら。お手頃価格のFood Menu1ショット(焼酎60ml・日本酒90ml)から頼めるのでいろいろ試せます。パーティメニュー2000 ...

4月7日にオープンしたばかりの見晴らしのよいカフェへ。米こころ という名前。看板の文字(米)の中には、この地域 西三川の特産品であるりんごがあしらわれています。佐渡産米粉を製造しているキンちゃん本舗株式会社が経営するカフェで、その特徴は、米粉を使ったスイー ...

数年前に、このブログを見てからいつか行きたいと願いつつ、なかなか叶わなかった場所へ行くことが出来ました。二宮萬友荘(にくうばんゆうそう)。ここでは、毎月10日に一度蕎麦を楽しむことができる『十日蕎麦』というイベントが開催されています。蕎麦を打つのは、新穂の ...

佐渡では、約120の集落に今でも継承されている伝統芸能~鬼太鼓~があります。島外の人からは『おんでこ』と呼ばれることが多いですが、島内では『おにだいこ』が一般的なようです。特に、春と秋に五穀豊穣を願い神社や集落一軒一軒の玄関先で披露されるその舞は『門付け(か ...

『佐渡は観光パンフレットやホームページやブログで、観光地や行ってみたい飲食店など個々の情報はあるけれど、距離感がわからないから自分で旅のプランニングをするのが難しい。』そんな声をよく聞きます。距離感がわからないから、マイカーで行く場合にも『思ったより移動 ...

佐渡相川史跡マップや 串焼き 金福(まねき猫又2号)にてご紹介した佐渡の芸術家、福嶋力氏の水彩画展が4月4日~13日、新潟市中央区西堀通にて開催されると葉書を頂きました。自然をテーマにした水彩画、約30点が展示されるのだそうです。福嶋力 水彩画展開催日:2018年4 ...

足元にはふきのとう。空高く伸びる梅の花。華やいだ気持ちになる、春のおでかけ。写真は10日ほど前ですので、今は満開のころでしょうか。お寺だから、誰も採らないのかしら。佐渡ではあまり、ふきのとう食べないのかしら。■春を感じる【ふき味噌】の作り方(レシピ)真法院 ...

↑このページのトップヘ