広場名に使用目的が入っている・・・佐渡談笑広場。

赤泊から畑野に向かう途中の道路脇にある広場。

佐渡談笑広場1


看板には、「夢を語り合いましょう。談笑広場」とあります。

何故か七福神

佐渡談笑広場3

そして七福神の説明

佐渡談笑広場5

佐渡談笑広場4

その奥には、世阿弥像

佐渡談笑広場世阿弥の通った道

佐渡談笑広場世阿弥の通った道1

世阿弥の通った道

世阿弥(観世元清の別名で能楽者である)は永享六年(一四三四年)時の将軍足利義教の怒りをかって(当時72才)若狭の小浜港から佐渡の大田の浦(多田港)に着いたといわれている。その後、笠とり峠を経てこの付近の道を通り、長谷寺を参り、金井町の正法寺に配所となり、佐渡の社に能楽を舞い納めた。
世阿弥は父・観阿弥と共に当時はやった大和猿楽の特質をもつ物まねと、近江猿楽の特質をもつ幽玄さを合わせもった能楽を成功させた。 著作としては在島中に書かれた「金島書」や「花鐘」「花伝書」などがある。
幽玄さと写実とを能の根本とし民衆の風俗、趣味にかなうことが芸の秘訣であると説いている。

能楽の持つ幽玄さを永久に語り続けたい 平成12年吉日 山里の住人 秀夫建立

幽玄―①奥深く微妙で容易にはかりしれないこと。また、味わい深いこと。
     ②上品でやさしく優雅なこと。
猿楽―平安時代の芸能、滑稽な物まねや言葉づかい


佐渡談笑広場2

世阿弥を思いながら、多田港・長谷寺・正法寺を訪ねてみるのもいい。


。:*:★。:*:★━━━━━━ 各種問い合わせ先 ━━━━━━★:*:。★:*:。

【佐渡について】
佐渡観光協会(両津港ターミナル駅内) TEL 0259-27-5000 
佐渡汽船(総合案内・新潟) TEL 025-245-1234 
新潟交通佐渡 TEL 0259-57-2121
(佐渡での路線バス・定期観光バス・観光タクシー)

【佐渡に行くまで】
JR東日本 JR東日本お問合せセンター TEL 050-2016-1600
新潟交通 問い合わせ先
 ・高速バス予約センター TEL 025-241-9000
 ・バスセンター案内所 TEL 025-246-6333

【佐渡の宿を予約する】 
じゃらんnet 【佐渡の宿を人気順に表示】
るるぶトラベル【佐渡の宿】
Yahoo!トラベル【佐渡の宿】
JTB【佐渡の宿】
日本旅行【佐渡の宿】
佐渡汽船【浪漫紀行】