佐渡旅(sadotabi)

~新潟県・佐渡の旅行情報ブログ~

佐渡の魅力に目覚めた旅人が、佐渡を旅して出会った人・食べたもの・感じたこと・感動したことなどを綴ります。 また旅行に必要なアクセス情報、観光地情報、イベント情報、宿泊情報などもたくさんご紹介していきたいと思います。(2014年4月~)

旅行者の目線から出来る限り新しく、正しい情報を書く努力はいたしますが、ブログの性質上表記した日付での情報となり、その後変わる可能性はありますのでご了承ください。

■佐渡へのアクセス(初めておこしの方は、こちらの動画をご覧ください。)
http://planetyze.com/ja/japan/sado/access

連日の報道で大雪のイメージが強い新潟県ですが、佐渡にはほとんど雪が積もりません。はやいところでは、ふきのとうや福寿草も顔を出し、春が近づいているようです。春を告げるのは、自然の変化だけではありません。 佐渡で各地で行われるおひなさまめぐりで早春と華やかさ ...

ある日の佐渡。3羽の白鳥に守られた女性が佐渡汽船両津港から飛び立ち、向かう先は・・・今年3月に正式オープンする施設。インフォメーションセンター(通称 あいぽーと佐渡)この像※の女性のようには飛べませんが、佐渡汽船両津港から両津大橋を渡り、徒歩5分もかから ...

佐渡にある竹工芸の工房、本間工芸に来ています。前回、展示場と売店をお伝えしましたが、今回は工房の様子をお伝えします。道具も見せていただきました。暖かな陽ざしと木の床が、子どものころ通った小学校の工作教室を思い出させてくれました。堅い竹を割るだけあって、見 ...

先日、佐渡の人気食事処ときわ館で購入した合格祈願の竹製お守り合格竹。今回の旅で、製造元である本間工芸を訪れました。お手頃なお守りも製造されていますが、本間工芸の本間秀昭先生はアメリカ美術館・ボストン美術館・シカゴ美術館・サンフランシスコアジア美術館などに ...

佐渡の農産物、海産物、加工品など佐渡ならではのモノがいっぱい揃った佐渡特選市場。インターネットでのお買い物もできますが、佐渡にいったら立ち寄りたいお店のひとつ。やせうま 一瞬、蒲鉾のようにも見えますが、伝統的な和菓子です。他の地域ではしんこもちと呼ばれる ...

立春を迎えても、実感としての季節はまだ冬。この日は、春を探しに佐渡の新穂青木を訪れました。昨年9月に佐渡旅ブログで【果物狩り】無農薬や減農薬に取り組む、佐渡の齋藤農園で越後姫食べ放題の苺園、来春OPEN とお伝えしていた、齋藤農園さん。併設されている農園カフェ ...

南佐渡に多い椿ですが、佐渡全域でその美しい姿を見ることができます。藪椿は佐渡が北限なのだそうです。モノクロームに包まれる雪景色の中で、華やかな色を纏い一所懸命咲いている姿は大変美しいですが、美しさだけでなく食用にも美容にも使われる椿油の原料にもなります。 ...

佐渡での ある日の朝。朱鷺の専門家と共に朱鷺の観察。遠くから、物音をたてないように。こんな日に限って、望遠レンズを忘れてきてしまいました。餌場の田圃の水が凍っているためか、まだ食事をする気配がみられない(ほとんど動かない)ということで、別の場所にゆっくり ...

11月にお伝えした、佐渡市役所や佐渡総合病院の近くにある徳平(金井店)。その際、鍋焼きうどんを食べて、今度は手打ちそばを食べたいです!とブログで宣言しておりましたが、雪舞う佐渡で食べたかったのはやっぱり鍋焼きうどん(800円)。あれ? その時と違うものが・・・ ...

平日なら1室1名の利用でも、税込1泊2食9000円以下で泊まれる1泊2食の旅館ホテルをご紹介しているこのシリーズ。今回は両津のお宿 花月。両津港までは送迎あり(15時~18時)。夕食は指定の食事会場(テーブル席)で。朝食お部屋お部屋からの眺めロビー・客室風呂 ...

カウンターがあって、1人でも気兼ねせずには入れる居酒屋、ちゃらくらもん。ブログネタとしては、別のものや季節のものをお伝えしたいのだけれど、何となく前食べたものが食べたくなって再訪&ほぼ同メニューを注文。前回学習したので、量を調節。大根とごぼうのとろろのせ ...

バレンタインと聞いて 「明日は特別スペシャルデー♪ 一年一度のチャンス~」というフレーズが頭の中でグルグル回る方、同世代ですね(笑)。 本日は、バレンタインデーKiss ではなく バレンタインデーCakeのお話。 クリスマス、お正月、豆まき ・・・ 佐渡では、2月 ...

飲食店情報というよりも、冬の佐渡“食”体験!とお伝えしたい今日の佐渡旅。新潟県で一番大きな湖、加茂湖は、牡蠣の名産地。その湖にある牡蠣小屋で、牡蠣をたっぷり食べよう!という企画がこちら“冬の佐渡の食魅力 『牡蠣』満載食三昧” プランについているのは、「牡 ...

佐渡では、あらゆるところでダジャレに遭遇します。交通看板 追い越し違反9000円 佐渡スルメ500円 や、 ダジャレを言って料金割引 という宿泊施設の面白プラン、3月10日は さどの日 佐渡へさぁどうぞ などなど。そして、季節限定で現れる 隠れファンの多いダジャ ...

日本で一番早い豆まきが行われるとも言われる多聞寺の毘沙門宵まつりに行ってきました。多聞寺へ農具であるはったんがお客さまを迎える美しい照明に生まれ変わっていました。ここ数日天候が荒れたようですが、この日は明るい月夜でした。月夜とはいえ、さすがに街灯のない里 ...

ぽかぽか陽気で厚手のコートを手放したくなった佐渡からの帰り。日本海を朱音色(写真では黄金色?)に染める夕暮れのひと時。どんどん小さくなる佐渡を眺めながら、海と空の色が移り変わり夜の闇に包まれていく様子は旅の終わりの名残惜しさと重なるようでした。先日3月~7 ...

2014年の秋に泊まって、夕食も美味しく快適だった いさりびの宿 道遊へ冬の美味しいものを食べに。※お部屋や温泉についての宿詳細情報は、佐渡旅過去記事【旅館ホテル】リーズナブルに部屋食を楽しむ いさりびの宿 道遊 をご覧ください。 ひとつひとつ丁寧につくられた ...

民話の多い佐渡の中でも、特に多くのお話が残されており、地域の人々が語り合っているのが赤泊(あかどまり)。赤泊の高台にある 城の山公園展望台には、民話の里を思わせる像がいくつか設置されています。先日瓜の沢の蝶ねえ像をご紹介する際、蝶ねえが教えてくれる約束に ...

佐渡、世阿弥の足跡をたどる旅。世阿弥が腰かけたというお腰掛け石を捜しに、正法寺へ。 もともとは臨済宗のお寺だったが、途中より曹洞宗となったのだそう。 世阿弥の最初の配所は万福寺だが、その後移されたのがこちらの正法寺なのだという。正法寺では、ろうそくの灯り ...

佐渡在住のFacebookお友達から「美味しいから是非行ってみて♪」と教えていただいた高野コロッケ店。『看板がないから、ちょっと場所が分かりにくいかも・・・。』と言われていたので、『高野コロッケ店、よく行くよ』 という方に連れて行ってもらいました。こんな日に限っ ...

佐渡のひなまつり 日本の縮図と言われる佐渡島には、各地に独自の文化と伝統が息づいています。春の佐渡で行われる ひなまつりイベントでは、そんな地域の特色を美しい雛と一緒に見て、感じることができます。一つ一つの詳細については、もう少し日が近くなってから詳しく ...

居酒屋や飲食店の並ぶ、両津夷。先日いったタローやゾウの巣味家(すみか)にほど近い、喜林亭(きりんてい)。のれんが反対なのは意味があるのか? 『焼肉は都合によりやめました』 焼肉屋さんだったのかな? のれんをくぐり、靴を下駄箱にしまい、2階へ。『当店は羽黒山 ...

ある人が言っていた。地域を元気にするには、その地域の美味しいモノをしっかり食べる事だと。赤泊の食事処、三益(みます)。 地域の人に愛されているお店だ。カウンターとお座敷、2階の宴会場もあるらしい。お茶には、金粉が踊っていた。お正月の月だけね。と女将が言った ...

佐渡には、桜の名所が何か所かあります。現在は、冬のためその姿を見ることができませんが、春にまわりたい桜スポットにでかけてみました。冬のさっちゃん桜・・・今は廃校となった 旧内海府小学校の校庭にある大きな桜の木。 春になったら、どんなに素晴らしい桜が咲くん ...

民話の多い佐渡の中でも、特に多くのお話が残されており、地域の人々が語り合っているのが赤泊(あかどまり)。赤泊の高台にある 城の山公園展望台には、民話の里を思わせる像がいくつか設置されています。細く長い指にとまった蝶を見つめる女性の像・・・“爪の沢蝶ねえ” ...

↑このページのトップヘ