佐渡旅(sadotabi)

~新潟県・佐渡の旅行情報ブログ~

佐渡の魅力に目覚めた旅人が、佐渡を旅して出会った人・食べたもの・感じたこと・感動したことなどを綴ります。 また旅行に必要なアクセス情報、観光地情報、イベント情報、宿泊情報などもたくさんご紹介していきたいと思います。(2014年4月~)

旅行者の目線から出来る限り新しく、正しい情報を書く努力はいたしますが、ブログの性質上表記した日付での情報となり、その後変わる可能性はありますのでご了承ください。

■佐渡へのアクセス(初めておこしの方は、こちらの動画をご覧ください。)
http://planetyze.com/ja/japan/sado/access

佐渡の宿泊施設で夕食を食べると、最後に水菓子が出てきます。佐渡では、多くの宿で おけさ柿シャーベット を水菓子(デザート)として提供していたり、売店で販売していたりします。※提供していない施設や、時期、プランによって夕食時にでないこともあります。新潟県内 ...

小さな赤ちゃん連れのお母さんから おじいちゃま おばあちゃま まで気軽に楽しめるカフェ。入口のブラックボードには、その日のおススメメニューも。入口には 無農薬野菜がどれでも100円で販売。テーブル席と、海を眺められるカウンター席小さいお子さん連れでも使い勝手 ...

広場名に使用目的が入っている・・・佐渡談笑広場。赤泊から畑野に向かう途中の道路脇にある広場。看板には、「夢を語り合いましょう。談笑広場」とあります。何故か七福神そして七福神の説明その奥には、世阿弥像世阿弥の通った道世阿弥(観世元清の別名で能楽者である)は ...

トキと暮らす郷、佐渡には美味しい米がある。美味しい水があり、美味しい酒がある。佐渡のホテル、ファミリーオ佐渡相川の売店で見つけた印象的な青いボトル。スタイリッシュな青いボトルは佐渡の美しい海をイメージしているのだとか。佐渡千年の杉(純米吟醸)世界農業遺産 ...

7月に小木港隣のお土産屋さん 小木家で買った佐渡小木特産いももち。干芋のような風味の素朴ないももちが好評で、佐渡汽船両津港ターミナルで探していたところ紫色のいももちを発見。お店の人に聞いてみると「今販売しているのは こちらの紫のみです。」 とのこと。佐渡の ...

伝統文化の島、佐渡。各地域 で多くの民話や民謡が引き継がれています。先日訪れた赤泊は、特に民話のふるさととして 語り部の話を聞いたり、民話の里をめぐったりする体験ができます。■民話語り部体験■民話の里めぐり体験また、赤泊の宿泊施設 サンライズ城が浜で宴会を ...

観光地のすぐ近くに、素晴らしい史跡がひっそりあったりします。県指定史跡 浜端洞穴遺跡。佐渡市の文化財というページの紹介によると、“浜端洞穴遺跡”は、海岸から約40m入った位置にある弥生・古墳時代の洞穴遺跡で、約10層にわたる堆積層からは、弥生式土器・管玉未完 ...

この時期、佐渡に行くとよく目にする果物があります。スーパーや産直所はもちろん佐渡汽船ターミナル駅のお土産店でも販売されている“おけさ柿”。苺・ネクタリン・梨・ルレクチェ・さくらんぼ・ブルーベリー・無花果・りんご・レモンなどなど各果物を産出するフルーツ王国 ...

先日、甘海老パウダーを潮津の里で購入しました。友人からも、「甘海老パウダー欲しいから買ってきて!」と言われていたので「潮津の里に行こうかな?」とおもっていたところ、松ヶ崎に行く機会がありましたので、生産者である菊池商店を訪れました。屋号の里、松ヶ崎ではど ...

10月12日・13日と、お祭りで訪れた多田。“ただ” と読むのかと思いましたが “おおた” という地名です。海岸沿いにある 三助・お菊いこいの地で おおた という地名の由来(一説)を知りました。三助・お菊いこいの地佐渡国の始耕・稲作りを教えた三助・お菊の伝説は ...

日帰り温泉と海水浴場でご紹介した サンライズ城が浜。そのときの私は、宿名である「サンライズ」・・・という意味を本当に理解していなかった。先日、泊まってみて 初めて心から理解した。10月某日。その日の「日の出時間5時54分(ネット調べ)」・・・・・・・・・・・・ ...

両津港に昼前についた方への両津ランチ情報。ロータリーのカレーは辛くて旨い!と地元の方から聞いたロータリーのカレー。こちらは中盛り(750円+中盛分50円増) サラダ付 ■自慢のカレー 辛口(サラダ付) 税込750円 久しぶりに喫茶店のグラタン系が食べたくなり・・ ...

佐渡は、面白ソフトクリームが豊富です。■トキの森公園 エダマメソフト ・ 季節限定ネクタリンソフト■佐渡乳業 イル・クオーレ あのソフト■めおと岩 塩ソフト■ときわ丸限定 ルレクチェソフトそして、■史跡 佐渡金山 金箔ソフト !金箔たっぷり、ミルクは濃厚。 ...

両津港より送迎もありアクセスのよい両津やまき。ロビー美術品なども飾られてます。客室(ビジネスプランは予め布団が敷いてあります)部屋に用意されたお茶菓子と短冊両津やまきホテル宿泊者専用 レンタカー24h 4500円(免責保険料+1080円)と、かなりお得な料金設定両津 ...

先日、佐渡旅にて紹介させていただいた、【祭り】お祭り料理を地元のお母さんに習って参加する。女子的!佐渡の祭の楽しみ方 に参加してきました。心の声・・・「なぐも、女子じゃない!」 と突っ込まないでくださいね。十分理解しております(><)。さて。女子的イベント ...

立ち喰い蕎麦でもチェーン店でもないのに、350円という価格に驚く。相川のホテル万長や日帰り温泉ワイドブルーあいかわ 近くの とみ食堂。もう、秋だけど 冷やし中華始めました~♪ という歌が頭の中でぐるぐるまわり 。「夏限定ですが、冷やしたぬき まだ大丈夫ですか ...

佐渡金山で、金箔体験。史跡佐渡金山 の売店入口で、金箔貼体験を行っています。スタッフの方に声をかけ体験スタート。黒のお盆と、秋らしい柄(うさぎと月)を選んでみました。カッターで切り抜きをします。スタッフの方にお手伝いいただきながら金箔を貼ってポンポンと押 ...

お醤油やドレッシングの代わりにもなる、使い勝手のよい佐渡のポン酢。酸っぱすぎず、まろやか。 めおと岩のあぶらげとの相性も抜群。佐渡海洋深層水醤油、砂糖、柿酢、昆布、アゴだしゆず、アミノ酸等、クエン酸(現在料の一部に大豆小麦を含む)【佐渡ポン酢(300cc)】原材 ...

夕方、夕陽が落ちてからのチェックイン。夕陽が美しい相川の宿に、夕陽が沈んだ後に行くのは少しもったいないけれど、空と海の青さがどんどん濃くなるこの時間をガラス張りのロビーで過ごすのも悪くない。こちら、ホテル大佐渡は 客室からも露天風呂からも海が望める人気の ...

佐渡の美味しいを探す旅にでかけ、「相川に来たらここに寄らなくちゃ!」と言われたさくら商店。しお・こめ・切手 さくら商店 という看板 と、 宿根木の三角家ではありませんが「塩」という看板が目印。外観の大きさからは想像できないくらい、佐渡の海山の美味しいがぎ ...

相川で伝統工芸の体験ができる人気の観光&学習スポット。こちらは裂き織。浴衣や布団の布を再利用したエコな織物。ねまり機(ばた)という座って織る機を使って体験できるのは、ここ伝承館だけとか。修学旅行などにも対応、約20の機があります。こちらは、ろくろを使って佐 ...

小木半島ジオサイト絶景の中でたらい舟体験ができると人気の矢島経島より徒歩数分。【枕状溶岩(まくらじょうようがん)と湧水】という看板を目安に海沿いへ50m。看板から50mほど歩くと・・・以前ご紹介した(【ジオパーク】枕状溶岩って、どんな形?元小木海岸の玄武岩)と ...

歴史を感じる相川を歩いて、ちょっぴり休憩したくなったら ゆるりと時間が流れる古民家カフェへ。味噌樽の大きな蓋をテーブルにした丸テーブル、お座敷、カウンター。天気の良い日はテラスも気持ちよさそう。眺めも抜群。夕方には、夕陽がとても美しいのだとか。まるで田舎 ...

佐渡を歩いていると至る所で目にする、トイレのマークとインフォメーションの(i)が記された“寄れっちゃ!” の青い幟。佐渡観光協会(相川支部)で、“寄れっ茶屋”のパンフレットを見つけました。佐渡國しま街道 寄れっ茶屋旅の途中でトイレを借りたり道を尋ねたり・・ ...

両津港についたら、両津港ターミナルの観光案内所へ。小木港についたら、小木港から徒歩3分ほどの案内所(マリンプラザ小木)へ。そして、金山がある 相川についたら、相川観光案内所(佐渡観光協会相川支部)へ。相川の町の中に佇む、観光案内所。こういった施設にしては珍 ...

↑このページのトップヘ